名前:飯田マリーナ加穂さん

お名前: 飯田マリーナ加穂さん
大学:慶應義塾大学
飲食店でのバイト経験: なし
チーム: 2
経歴・特徴:フランスから9月に慶應大学に転入したばかりの彼女は軽く欧米感を漂わせながら、チームの流れを作る存在だった。メンバーにも積極的に支持をして、自分の意見を曲げずに突き進むような性格で芯の強さが際立った。また、メンバーやメンターからマリーナと呼ばれ、親しみやすい存在でもあった

チームでの飯田加穂さん

既存のメニューがうまく収益化に繋がらず、別メニューや新しい方針を考える際に飯田さんは自分の意見を発信する機会がほかのメンバーに比べて圧倒的に多かった。飯田さんの意見が結果的にチームの総意となる場面もあり、チームを引っ張る1人となった。

アップルパイ&ホットワインのメニュー考案

チーム2はニョッキ専門店を数日間運営していたが、ある日飯田さんと岩元さんが中心となりメニューとコンセプトの変更を申し出た。その日まで利益が思うように出ていなかったため、利益率が低いメニューにすることを考えた。そこで出てきたのがアップルパイとホットワインである。結果としてその日の営業は予想していたほど円滑に回らなかったが、経験値として大きなものを得た1日となった。

質か利益か

説明会で「こじんまりとしたスローフード的なコンセプトのお店」をオープンさせたいと話し意気込みを話してくれた飯田さんですが、実際にコンセプト作りの際にはいろいろな角度から多くの意見を出してくれました。身に付けたいものとして「マネジメント能力」を上げてくれましたが、実際にプログラムを通してマネジメント能力を含め様々なことを経験として学んでいただけたと思います。これからの挑戦を応援しています。

主催
株式会社ミグロス
協賛
軒先株式会社
株式会社吉野家ホールディングス
協力
明星大学 経営学部